News


最新情報はBlogのお知らせ、またはFacebookPageを合せてご覧ください

 

 

◆2016 7/27 まみさんぽライヴ、9/10晴れたら当日券お庭席ご用意します。
詳細はこちらをごらんください。


◆2016 7/11 畑中摩美Facebookページができました

https://www.facebook.com/maminosu/

facebookをされている方は、いいね!を押していただくと、ニュースフィードに更新記事が表示されます。ぜひ、畑中摩美の最新記事をチェックいただければと思います。

facebookをされていない方でも、ご覧いただけるページなので、ぜひチェックしてくださいね。

 

こちらでは主に、イベントやライヴ情報、その準備風景などを掲載していく予定です。


◆2016 6/27 動画カバー公開

ももいろクローバーの「行くぜっ!怪盗少女」をギターと声だけでカバーしました。
●衣装:手仕事屋さんmomi ● 撮影協力:ON THE ROAD ●撮影、ディレクション:鈴木研一郎


◆2016 6/24 TVCM放送
ホテルセンチュリー静岡ブライダルCMに、畑中摩美の楽曲「レディバード」が起用されます。
6月25日~7月9日の期間、第一TVとSBSで放映予定です。


◆2016 6/23 「まみさんぽ」お散歩付きチケットは予定枚数に達しました。

ただ今、お散歩付きチケットキャンセル待ち&ライヴのみチケットのご予約受付中です。


 

◆2016 6/20 「まみさんぽ〜すがり編〜」2016年9月10日(土)に開催します。お散歩付きチケットご予約は6/23(木)夜20:00より受付開始します。枚数限定のためお早目のご予約をおすすめいたします。

 詳しくはLIVEページをご覧ください。


協賛:トリミングプラザ キラキラ 


◆2016 4/29  株式会社マストレさま40周年記念TVCMのオリジナルソングとサウンドロゴを制作いたしました。

こちらでご覧いただけます。


◆2016 1/19 畑中摩美ファーストフルアルバム「トゲノハナ」がイケヤアルバムランキング2位にランクインしました。

詳しくはこちらをご覧ください。


◆2016 1/11

ファースト・フルアルバム「トゲノハナ」2016.1.11 ON SALE

映像・ディレクション:鈴木研一郎


各方面で活躍されている皆さまより「トゲノハナ」へのコメントが届きました!

【伊藤寛之/タラコチャレンジ(ザ・チャレンジ)さまよりコメント】
  (2015.12.15)

「まみちゃんは素数みたい」
彼女の世界観に触れていると、いつもそんな不思議な感覚にさせられます。メロディも歌詞もとっても素敵で僕自身も昔から大ファンなんですが、まみちゃんの歌を聴いていると、ある時ふと言葉では表現できない何かを感じることがあって、それは不安や孤独にも似ているし、母性のようなものでもあり、父性のような気もしていて、今もなんだかわからないままでいます。でもその感覚を解毒してくれるのは、結局まみちゃんの歌そのものだったりして。

勇ましい姿をこれからも見せてください。ずっと応援しています。

伊藤寛之/タラコチャレンジ(ザ・チャレンジ)

 

 


【映画監督/映像クリエイター 鈴木研一郎氏よりコメント】
 
(2015.12.15)

お会いして早5年。有難いことにたくさんの現場でご一緒してきました。
その度にいつも感じてきた、振れ幅とセンス、ユーモア、そして大きな愛。
それらがふんだんに詰め込まれた「トゲノハナ」は、まさしく畑中さんそのもの。
彼女の世界はさらに充足し、昇華し、かつてないステージへと歩を進めたようです。

このアルバムが、新たなはじまりのきっかけとなりますように。
そして一人でも多くの人の心に、花を咲かせますように。

 

鈴木研一郎


【K-mix おひるま協同組合パーソナリティ 日下純さま よりコメント】

  (2015.12.15)

 

本当のことを表現しようとしたとき、それは綺麗な色だけでは表せない。
心の本当を表現するなら、心の奥の方にある真っ黒な石みたいなものまで表した方が本当。
それをロックと呼ぶなら、このアルバムは摩美さんのロックアルバムだと思う。

 

日下純


【K-mix おひるま協同組合パーソナリティ 南真世 さまよりコメント

 (2015.12.15)

 

私は、収録曲の「棘の花」が大好きです。

 
ラジオパーソナリティとして日々感じている事ですが、
「言葉」というものが持つチカラはとても大きくて、
周りの人を幸せにもするし、一方では傷つけてしまう事もあります。
 
相手を慮って口にした言葉でも、
言われた当人にとっては、グサっと胸に刺さってしまい、深く傷ついてしまうことも・・・。
 
それでも「全然平気だよ♪」って、作り笑顔でその場を切り抜け、
一人になった時に、悲しくて、辛くて、その場で上手く取り繕ってしまう自分が
情けなくて泣いてしまう事もあるものです。
 
痛いんだよなぁ~、言葉の棘って。
 
でも、畑中さんの「棘の花」を聴いて、
何度も繰り返し、そして力強く歌われる「その棘を抜け!」という言葉に
チカラをもらいました。
 
自分を助けてあげたり、守ってあげられるのは、自分自身。
 
単純だけど大切なことに、気づかせてもらえたような気がします。
 
聴き終えた後は、ひとまわり強くなった自分に出合えるはず。
 
「傷つくのは、もう怖くない」胸を張って今日も過ごしていきますね!
 
素晴らしい曲を有難うございます。


【株式会社 都田建設 DLoFre's 高岡やよい さまよりコメント】  (2015.12.15)

 

女の子の色んな気持ちを素直に、かわいらしく、時にはちょっぴり毒も混ぜて伝えてくれる、素敵なアルバムでした。

特に、「I Should tell you」と「マシューのうた」「カケラ」「Ringing Tree」が好みでしたが、やっぱり一番は「棘の花」です♪♪♪

本当に本当に素敵な曲だと思います。


畑中さんの音楽は、素直で率直でストレートに届きます。棘の花はひたすら真っ直ぐにたったひとつのことを一生懸命に伝えてくれているのだと思いました。それは、とても力強いのだけれども、決して痛くなく一方的でも無くて、優しく包み込んでくれるような温かさもあると思いました。

 

またひとつ、大好きなアルバムが増えました!畑中さんの音楽を、たくさんの人に聴いてもらいたいです!

 

高岡やよい


【フリーアナウンサー 神谷宥希枝さま】
 
(2016.1.7)

この作品を聴かずに、
畑中摩美ファンを名乗ることなかれ。

この作品を訊かずに、
静岡の音楽シーンを語る事なかれ。

この作品を世に送り出した
魔美ちゃんと出会えたこと、
心から
誇りに、自慢に思う。

神谷宥希枝


【イケヤ 青野栄次さま】
  (2016.1.7)

畑中さんらしい、詩の表現力のと情景が浮かぶ数々のメロディー。
どの曲を何回聴いても飽きない作品集。
進化ぶりを見事に表現できた力作ですね。
これは私のライブラリーの1枚として今後も長いお付合いになるでしょう。

イケヤ  青野栄次


【総合学園ヒューマンアカデミー静岡校 二田口明夫さま】
(2016.1.7)

とても身近に感じられる曲・歌詞ばかりです。
「棘の花」と「マシューのうた」が特にお気に入りです。

ポジティブな言葉だけでなく、かっこ悪い部分・認めたくない部分も歌っているからこそ、共感できる、元気づけられるんだなと思います。
自分の好きな部分・嫌いな部分・楽しい思い出・辛い経験、みんなあると思います。
それを全部合わせて自分なんだ。全部受け入れて進んでいけばいいんだと、私自身も勇気づけられました。
ステキな音楽です。


「自分を信じていいんだ」「前に進もう」という気持ちにしてくれます。

畑中先生の歌声も 力強い声、柔らかくて優し い声、ポップで楽しい声と、アルバムを通していろんな感情・気持ちに出会えます。
たくさんの人に畑中先生の音楽を届けたい!! 聴いてほしい!! と思いました。

これからも応援しています。
ステキな曲をありがとうございます。

 

 

総合学園ヒューマンアカデミー静岡校 二田口明夫


敬称略